見出し h6
整体周 南市 中国カイロ
熱中症を深読む
MiMi さんによるイラストACからのイラスト.jpg
夏は心臓の季節
見出し h6
周南市 整体 中国カイロ
気功で熱中症を施術
mskさんによるイラストACからのイラスト.jpg
熱中症の季節になりました
熱中症は夏のヒートショックです

冷えた部屋から暑い場所に出ると急激な温度差により血管が拡張し総血流量が増え心臓に負担がかかり発症します
冬のヒートショックの真逆です

また長時間気温の高い場所に居ることでも心臓負担になり発症します
​水分は必要ですが原因は心臓からです

緊急の熱中症から抜け出られても、だるさや食欲不振が残る方が居られますが
これはまだ心臓の興奮が取れていないためです

これは脳が心臓の自律神経を制御しきれない為に起きた現象です
脳→体、体→脳の整合性が崩れてますので回路の役割をしているある場所を正せば即!異常は消え去ります

めまい、頭痛、吐き気、動悸、頻脈、異常な汗、息苦しい、食欲不振など
熱中症には気功が劇的に効きます

この熱中症には解剖学をベースに整体理論と気功(妙見法力)にて施術します

◎冬のヒートショックとは暖かい部屋から冷えた場所に出た時急激な温度変化で血管が収縮し心臓負担となり発症します


上記は当院独自の整体理論になります
mskさんによるイラストACからのイラスト
2021/07/01 AM07:30
整体 周南市 五十肩を
気功と整体で施術
rayoutさんによるイラストACからのイラスト_edited.jpg
五十肩の本当の原因は
筋肉の萎縮からです(いしゅく)

肩甲骨や鎖骨から腕に付く筋肉が縮み上
がり腕が肩方向に引き寄せられ肩関節が拘縮(こうしゅく)します(関節が動き
にくくなる)腕を前横後に上げると痛む

五十肩時の筋肉萎縮は激烈です
筋肉や腱が石の様に硬く感じられる

この痛みの特徴は就寝時が酷く
仰向時や横向き下にした側、寝返りで激痛が起こります


施術には
整体(妙見活法)と気功(妙見法力)を
併用し臨みます
軽症の方は1、2回
重症の方では数回の施術が必要です

上記は当院独自の整体理論になります
rayoutさんによるイラストACからのイラスト
2021/06/27 AM08:30
整体 周南市 気功で
靭帯を締める
PRiCO(ぷりこ)さんによるイラストACからのイラスト (5).jpg
靭帯って本当は締めれるんです
​ねん挫や突き指などで緩んだ靭帯
足首、手首、肘、膝、指など
一度伸びた靭帯は元通りになるには半年以上かかると言われていますが
伸びた靭帯であっても気功(妙見法力)にて一瞬で締まります。その場で痛みと
むくみが消え去るので即確認できます

酷いねん挫などで断裂しても一部でも繋がっていると靭帯には再生能力があるので次第に元通りになっていきます
この経過中整体(妙見活法)を施すと再生も促進され良好となります

足首ねん挫はほっておいても痛みは無くなりますが毎日必ず使う場所です。しっかりケアしておかないと先々不具合がよく起きる所です

 
弛んだ靭帯には整体(妙見活法)気功(妙見法力)がとても有効です

​上記は当院独自の整体理論になります
PRiCO(ぷりこ)さんによるイラストACからのイラスト 
2021/06/20 PM19:10